https://www.youtube.com/watch?v=xThgQzR-4kM&feature=youtu.be

人生を理解する方法

知っている

なぜオーガニックにこだわるのか

先ずその前に、オーガニックの良さを否定できるだろうか、ということを考えてみて下さい。 

私たちの大地、ひいては、この地球を大事にして、それを痛めたり害を及ぼす物質を使用せず、私たちが大切と思うもの全てを、より良く次の世代に残しておけるようにすることが、最終的には、偉大なワインを造ることにつながるのだという信念のもとに、私たちは熱意を持ってあたっているのです。 

有機農業では、化学肥料や農薬を用いません。昔ながらの自然な耕作方法で培って育てあげた農産物には、有害な化学物質が残留することがありません。

有機農業に携わる農家は、移ろいやすい自然と向き合って、自然独自のサイクル、気候、自然のエネルギーや、その美しさも含めて、自然の生態系に合わせた農業を行うことによって、自然の最良の恵みが得られるように、日々努力を重ねているのです。

私たちにとって、オーガニックワインは体に良いとか美味しい、というだけの問題ではありません。ナチュラルワインやオーガニックワイン、あるいはバイオダイナミックワインを飲むことは、大規模な工業生産に基づいた単一性に反して、自然の風景とその魂に向き合うことでもあるのです。それは、自然を理解して、自然とのコミュニケーションをすることなのです。

ワイナリー

リオハ・バハの中心地にあるアルデアヌエバ・デ・エブロ村に、1998年に建てられたワイナリーは、60万リットルのワイン醸造容量があり、すべて、自社畑で有機農業で栽培したぶどうで醸造したオーガニックワインです。
ワイナリーは、醸造棟、熟成棟、瓶詰めワインの貯蔵庫と、3棟の建物に分かれています。
ワイン醸造棟には、500リットルから5万リットル容量の、ステンレス製とコンクリート製の醸造タンクが設置されています。熟成棟には、600個のフレンチオークとアメリカンオークの樽が置かれており、醸造後のワインが、リオハワインの真髄を、完璧に備えるまで、静かに眠っているのです。貯蔵庫は、瓶詰ワイン9万本の容量を備えています。

我が社のワイン、「ソル・イ・ルナ」をお勧めする理由

30年以上にわたる家業として、親の世代から子供たちに伝えられてきた、伝統を重んじる昔ながらの有機栽培の経験を通して、将来に希望を託す「ソル・イ・ルナ」ワインが生まれました。
私共は、これまでに学んできたことを通して、パーソナリティーのあるワインを、常に心がけています。ぶどう畑の風景や、その生態系への尊重を忠実に反映しているものであり、それが、優雅なアロマと個性的な風味の組み合わせを生み出しているのです。
我が社のワインは、自然環境を大切にする精神を持たない、大多数のワイナリーも含めて、その中で最高級とされるワインにも引けを取らないトップレベルのワインです。私共は、生産量を上げることだけを目指すのでなく、ぶどう畑においても、ワイナリーにおいても、良質のものだけを、注意深く選り分けて、最高品質のワインを、魂を込めて、造り上げているのです。
情熱を注いで働いた結果が、私共の努力と献身に対する報酬として、全てワイングラスの中に凝縮しているのです。

ソル・イ・ルナ クリアンサ 2015年

リオハ特選原産地呼称認定の、オーガニック赤ワイン・クリアンサ
ぶどう栽培および醸造工程ともに有機認証

ぶどうの種類: テンプラニーリョ種のぶどう85%、ガルナチャ種のぶどう15%
熟成方法: アメリカンオークの樽で、12か月間熟成
アルコール度数: 14%
飲み頃の温度: 14-17ºC

テイスティング・ノート
ルビー色がかった濃いチェリーレッド。赤色や黒色の木の実、熟した果物、コンポート、バニラ、スパイス、挽いたばかりの黒コショウやフェンネルを思わせる香りに、トースト香も含むすっきりとした香り。果実の香りとオーク樽の香りが絶妙に調和している。しっかりした腰の強いワインで、口に含んで充実感があり、調和のとれた酸味。しなやかで、包み込むようにまろやかなタンニンが感じられ、スモーク臭や木の実、バニラやシナモンの味を伴って、口中にその余韻が長く続く。

相性の良い料理
狩猟肉や濃厚な味の肉料理に、最高に相性の良いワイン。青魚や赤身肉、色々な種類のチーズやおつまみと一緒に飲むのも最適。

.

ソル・イ・ルナ 赤ワイン 2017年

リオハ特選原産地呼称認定の、オーガニック赤ヤングワイン
ぶどう栽培および醸造工程ともに有機認証

ぶどうの種類: テンプラニーリョ種のぶどう90%、ガルナチャ種のぶどう10%
アルコール度数: 13%
飲み頃の温度: 10-12ºC

テイスティング・ノート
すみれ色と濃紫色の光沢を伴う、よく熟れたサクランボを思わせる濃赤色。くっきりとした混じりけのないアロマが香る。大変フルーティー。赤い甘草やすみれのキャラメルを思わせる香りに伴って、大変に快い、かすかな甘みを伴った苺やラズベリーなどの赤い果実の香り。飲みやすく、快い旨みが口中に広がり、バランスよく調和のとれた酸味が、ワインに生き生きとした清涼感を与える。

相性の良い料理
アペリティブやハモン・セラーノ、ハードチーズ、ブルーチーズなどと一緒に飲むのに最適なワイン。魚、赤身肉や白身肉、焼き肉、米料理、オムレツ、きのこ料理など、様々な料理にも大変相性の良いワイン。スパイスのきいた料理には、特によく合う。

ソル・イ・ルナ ロゼワイン 2017年

リオハ特選原産地呼称認定のオーガニックワイン
ぶどう栽培および醸造工程ともに有機認証

ぶどうの種類: ガルナチャ種のぶどう100%
アルコール度数: 14%
飲み頃の温度: 7-10ºC

テイスティング・ノート
光り輝くような透明感があり、かすかにラズベリー色の光沢を伴ったサーモンピンク。熟したサクランボや苺のような香りを中心とした、軽やかで快いフルーティーなアロマが広がる。また、甘いキャラメルを思わせる濃厚なアロマを伴ったトロピカルフルーツ(マラクヤ、カシス、パイナップル)や柑橘類(グレープフルーツ)の香りも有する。口に含むと充実感があり、わずかな甘みを伴った柔らかさが広がる。 かすかに残る炭酸味が、このタイプのワインに非常に期待される、あのきらめくような清涼感を口中に残す。

相性の良い料理
その爽やかな味わいが、フレッシュチーズやセミハードチーズ、オリーブ、燻製タパス、カルパッチョ、フレッシュサラダ、きのこや冷たいスープと良く合い、食前酒として最適なワインである。特にお勧めなのが、魚や米料理、それに魚介類一般。アーティチョークやアスパラガスとも、大変に良く合う。

ソル・イ・ルナ 白ワイン 2016年

リオハ特選原産地呼称認定の、オーガニック 白ヤングワイン
ぶどう栽培および醸造工程ともに有機認証

ぶどうの種類: テンプラニーリョ種の白ぶどう100%、ワイナリーで3か月間熟成させたワイン
アルコール度数: 12.5%
飲み頃の温度: 10-12ºC

テイスティング・ノート
ワインの色は、黄金色がかったイエロー。透明感のある澄んだ輝きがある。スモーク香とはちみつの香りの上に、花の香り(白い花)と、白い果実(マルメロや梨など)やトロピカルフルーツ(マラクヤ、パイナップルなど)の熟した果物の香りが重なる。オークの木の香りとフルーツの香りが完全に溶け合って、深みのあるアロマとなっている。口に含むと、まろやかな甘みがあり、わずかに甘みを含んだトースト味が広がる。快く品の良いスモーク味が口中に残る。

相性の良い料理
色々な料理に大変よく合うワイン。フレッシュチーズやセミハードチーズ、オリーブ、燻製タパス、カルパッチョ、フレッシュサラダ、きのこ、冷たいスープと大変よく合う。特にお勧めなのが、魚や米料理、それに魚介類一般。アーティチョークややアスパラガスともよく合う。ボディーのある白ワインなので、肉料理にも合う。